人形町を対象から見つめている「喫茶去 快正軒」

人形町駅を降りて徒歩ゼロ分にある「きっさこ かいせいけん」です。こちらのお店はとても歴史が長く、創業は大正時代とのことです。

コーヒーは450円からと特別に高いわけではありませんが非常に香ばしくおいししいんです。お店のインテリアで好きなところは、¥真っ赤な椅子です。さすがに大正ではありませんが、昭和の雰囲気を感じられます。

お店の使われ方としては、ご近所のシニア層の方、事業所立地のため商談、営業途中のサラリーマンのいっぷく、ランチの後のお茶など様々です。

個人的には、社内の商談スペースが一杯の時に、お客様を連れて行っての商談が多いです。大手チェーンも近所にありますが、人形町に来ていただいたからにはそこにしかない喫茶店での商談が良いので、よく使っています。

まず店構えからして、古い感じがします。かといって高級店の雰囲気でもありません。全面は色付きのガラスなので、近づくと中の混雑具合はわかります。

入ると、カランカランと音が鳴り好きな席に着くことができます。

席に着いたらオーダーで、コーヒー、紅茶類、トースト、ケーキなどひと通りあります。おすすめはブレンドコーヒーです。カップなみなみ入ってきます。

壁面のソファー席は人気です。混雑する1つの理由として、喫煙ができることがあります。昨今、喫煙できるところが減っているので、逆にそれを目当てに来ている人もいると考えられます。

その分、分煙希望者は少ないかもしれませんが。

社内及びお店の人には話をしたことがないのですが、男性の責任者がお笑いコンビのフォーリンラブのハジメに似ています。もしかしらた思っているのは、私だけかもしれませんが笑

野生のエチオピアコーヒーが楽しめる カフェ高麗屋

以前、仙台に住んでいた時によく訪れていたお店をご紹介。仙台の地下鉄東西線青葉通一番町の駅からすぐのところにある「カフェ高麗屋」がお気に入りです。

エチオピアから野生のコーヒー豆を仕入れて、自家焙煎を行っているというコーヒーは本当においしいです。このコーヒーを飲んで、今まで飲んでいたコーヒーはなんだったんだろう、と衝撃を受けたほどです。香りはもちろん、飲むと不思議と元気が湧いてくるような飲み物です。

そして後味はすっきり、身体に余計なものが何も残らない感じで、とてもリラックスできます。私はホットコーヒーがおすすめですが、アイスコーヒーも絶品です。野生のコーヒー豆のコーヒーがいただけるなんて、とても贅沢なことだと思います。

カップやグラスもきれいな模様が描かれていて、どれもが世界に一つしかないものだそうです。こじんまりとした店内ですが、あらゆるところにきれいな装飾品が飾られていて目を奪われます。店内のいろいろなところに、こだわりが感じられます。

スイーツも全てグルテンフリーの物で小麦粉は使わず、米粉が使用されています。スイーツのおすすめは米粉のロールケーキです。ふんわりしたスポンジ、なめらかなクリーム、コーヒーとの相性もバツグンで、カフェで過ごす時間は至福の時です。安心、安全、しかもおいしく、身体まで喜んでいる感じを受けるのはこのカフェだけです。

25年通っている珈琲自家焙煎店 カフェ・藤

私が好きな珈琲自家焙煎店は、自宅近くにある「カフェ・藤」です。このお店は同じ敷地内にウエディングドレスのレンタルのお店もあります。

「カフェ・藤」は焼きサンド(ホットサンドウィッチ)が看板メニューです。店内は広くはないのですが、南向きになっているので日当たりは良好です。

仕事で疲れた時や、「ボーッ」としたい時などに足を運びます。私のお気に入りのコーヒーはモカです。

いっぱいの陽射しに、コーヒーの香りが店内に広がって、とても居心地が良いのです。木のテーブルと椅子も店内の雰囲気に合っていて、とても癒されるし、くつろげるのです。

コーヒーを飲みながら話をする人、本を読む人、ケーキやホットサンドを食べて時間を過ごす人など、様々です。私は「カフェ・藤」に通って、約25年くらいになります。ほとんどが顔なじみの方々で、名前を知らなくても「あっ、また来ていらっしゃる」と心の中で思うのです。

私はコーヒーを飲みながら、お気に入りの本を読んだり、店内に流れている音楽を聴いて時間を過ごします。普段は家事や仕事に追われているので、なかなか自分だけの時間を持つことは限られてしまうのですが、ここで過ごす時間は至福のひとときです。

私はコーヒーの香りも好きで、とても癒されます。家でレギュラーコーヒーを入れるのとは違って、やはり専門店のコーヒーの香りだなと思います。

コーヒーとケーキ、洋菓子と思いがちですが私は「ブラックコーヒー+粒あんを煮たもの」の組み合わせや「ブラックコーヒー+ビターチョコレート」の組み合わせも好きです。このお店のホットサンドやスイーツも、とても美味しいですよ。

ドリッパーによる抽出されるコーヒーの特徴と個性

コーヒーの淹れ方は、国や地域、飲み方やスタイルによってたくさんの種類があります。初心者でもチャレンジしやすい「ペーパードリップ式」や、技術と経験から極上の一杯を紡ぐ「ネルドリップ式」、香り豊かなコーヒーが抽出できる「サイフォン式」など、挙げていけばキリがありません。

 そんなコーヒーを淹れる種類の中でも、初心者でもチャレンジがしやすくて、本格的な一杯が楽しめるペーパードリッパーをいくつか紹介したいと思います。

まずはカリタ式の台形3つ穴ドリッパーです。カリタのロングセラーとなっているこのドリッパーはスタンダードな台形のドリッパーに3つの穴が開いているものです。3つ穴のためコーヒーを抽出するスピードが速く、後味のすっきりとしたコーヒーを淹れることができます。

次はメリタ式のアロマフィルターと呼ばれているものです。一つ穴ドリッパーと言えば、メリタのアロマフィルターです。このコーヒードリッパーは、底に穴が開いているのではなく、底から少し高いところに一つ穴が開いています。ハンドドリップのコーヒーはその時々によって味が変わりやすいものです。しかし、このドリッパーは、蒸らした後に、お湯を注いで待つだけで美味しいコーヒーを淹れることができます。まさに、美味しいコーヒーは飲みたいけど、面倒くさいのは苦手というズボラさんにぴったりなんです。

3つ目はハリオ式の円錐型ドリッパーです。このドリッパーは円錐型のドリッパーで、フィルターも専用のものを使うのが特徴です。円錐型ドリッパーは、注がれたお湯が分散せずに中心に集まるので、コーヒーの香りやうまみをしっかりと抽出することができます。また、お湯を注ぐスピードで好みの味にすることができるので、いろいろな味を試してみたい方にお勧めです。

 以上、3つのドリッパーを上げましたが、まだまだたくさんのドリッパーがあります。自分の好みのドリッパーに出会えることが出来れば、うんとコーヒーの世界が広がるかもしれません。

お家で本格的なアイスコーヒーを楽しむ! 水出しコーヒーが便利

久しぶりにブログ投稿になります。最近は春なのに夏のように暑い陽気が続いていますねそんな夏場の暑い時期に欲しくなるのがアイスコーヒーです。

昨今はコンビニエンスストアでおいしいアイスコーヒーが安く飲めるようになって良い世の中になりました。下手な喫茶店よりもおいしいです。

お値段も200円でおつりがくるくらいの値段の所が増えました。ホントありがたいです。出社時や外出時はこのようなコンビニのアイスコーヒーを飲めばいいのですが、家に帰ってもおいしいアイスコーヒーを飲みたいものです。

プロがつくるようなグレードの高いアイスコーヒーはできないまでも、緊張が解きほぐされるくらいの味がするアイスコーヒーが飲めると良いと思います。実は結構おいしいアイスコーヒーが自宅でもできます。難しくはありません。

コーヒーの抽出方法の中に水出しがありますが、この考え方を使えばかなりおいしいアイスコーヒーが作成できます。準備するのはスーパーなどに夏場のコーヒーの粉が売っているコーナーに置いてあるアイスコーヒーの粉とお茶や出汁を出す時に使う不綿布の抽出袋を使います。

不綿布の袋の中にアイスコーヒーの粉を入れてその袋をもう一回抽出袋で包みます。一枚では隙間から漏れ出す事があるので二重に包んだ方が良いです。この粉入りの袋を水の入ったポットの様なものに入れて数時間から1日冷蔵庫の中に入れておくだけです。アイスコーヒーの粉を入れた袋の量にもよりますが、3から5個作って入れておくとかなり濃いアイスコーヒーが出来ます。

臭いもかなり良い匂いです。粉にもよりますがグレードの高い粉を使うとビックリするくらいおいしいアイスコーヒーが作成できます。少し濃いめになりますので、冷たいお水や氷を入れて調整すれば自分好みのコーヒーが自宅で飲めてリラックスできます。冬場に作っておいて温めて飲んでもおいしいですよ。

やっぱりスターバックスコーヒーは落ち着くね

私は新宿のルミネにあるスタバが好きです。

店内が茶、緑系で統一されており、落ち着いた雰囲気が過ごせます。

一人でフラっと入る日もあれば、仕事を片付けたくて入る日もあり、友達とおしゃべりのために入ったり、飲み会の後に行ったり、いつ誰とどんな目的で行っても落ち着いた時間が過ごせるところが好きです。疲れている時にはホワイトモカやフラペチーノなどの甘いドリンク、仕事を片づけたい時にはラテ、友達とおしゃべりの時にはその時の気分で、飲み会の帰りにはドリップと、その時の状況で頼むドリンクも違います。期間限定のドリンクもどれもハズレがなく美味しいです。無料でカスタマイズできる、チョコレートソースとキャラメルソースもおすすめです。

私は、抹茶フラペチーノにキャラメルソースをトッピングするのが好きです。フードでよく食べるのはクッキーです。温めてもらえるので、しっとりしたクッキーを食べることができます。ワッフルも外はサクサク、中はフワフワの触感で美味しいです。ワッフルにはホイップをトッピングするのがおすすめです。

私のこだわり店内では全体が見渡せる席に座ることです。作業の合間にお客さんたちがどんなことをしているのか、何を飲んでいるのかを見るのが好きです。また、Myタンブラーを持っていくのも私のこだわりです。

新宿生まれのコーヒー好き

今日からブログを始めるミキです。

新宿生まれの新宿育ちのIT企業に勤めるOLです。

 

昔から新宿で遊んでいたので歌舞伎町とかを自転車で駆け抜けていました。

こんな話をすると周りの友人には驚かれたりました。

でもずっと住んでいるから新宿が私の田舎です。

 

最近は大学時代に知り合った友人の影響もありコーヒーにハマっています。

これから毎日美味しいコーヒーに出会えますように。