ドリッパーによる抽出されるコーヒーの特徴と個性

コーヒーの淹れ方は、国や地域、飲み方やスタイルによってたくさんの種類があります。初心者でもチャレンジしやすい「ペーパードリップ式」や、技術と経験から極上の一杯を紡ぐ「ネルドリップ式」、香り豊かなコーヒーが抽出できる「サイフォン式」など、挙げていけばキリがありません。

 そんなコーヒーを淹れる種類の中でも、初心者でもチャレンジがしやすくて、本格的な一杯が楽しめるペーパードリッパーをいくつか紹介したいと思います。

まずはカリタ式の台形3つ穴ドリッパーです。カリタのロングセラーとなっているこのドリッパーはスタンダードな台形のドリッパーに3つの穴が開いているものです。3つ穴のためコーヒーを抽出するスピードが速く、後味のすっきりとしたコーヒーを淹れることができます。

次はメリタ式のアロマフィルターと呼ばれているものです。一つ穴ドリッパーと言えば、メリタのアロマフィルターです。このコーヒードリッパーは、底に穴が開いているのではなく、底から少し高いところに一つ穴が開いています。ハンドドリップのコーヒーはその時々によって味が変わりやすいものです。しかし、このドリッパーは、蒸らした後に、お湯を注いで待つだけで美味しいコーヒーを淹れることができます。まさに、美味しいコーヒーは飲みたいけど、面倒くさいのは苦手というズボラさんにぴったりなんです。

3つ目はハリオ式の円錐型ドリッパーです。このドリッパーは円錐型のドリッパーで、フィルターも専用のものを使うのが特徴です。円錐型ドリッパーは、注がれたお湯が分散せずに中心に集まるので、コーヒーの香りやうまみをしっかりと抽出することができます。また、お湯を注ぐスピードで好みの味にすることができるので、いろいろな味を試してみたい方にお勧めです。

 以上、3つのドリッパーを上げましたが、まだまだたくさんのドリッパーがあります。自分の好みのドリッパーに出会えることが出来れば、うんとコーヒーの世界が広がるかもしれません。

お家で本格的なアイスコーヒーを楽しむ! 水出しコーヒーが便利

久しぶりにブログ投稿になります。最近は春なのに夏のように暑い陽気が続いていますねそんな夏場の暑い時期に欲しくなるのがアイスコーヒーです。

昨今はコンビニエンスストアでおいしいアイスコーヒーが安く飲めるようになって良い世の中になりました。下手な喫茶店よりもおいしいです。

お値段も200円でおつりがくるくらいの値段の所が増えました。ホントありがたいです。出社時や外出時はこのようなコンビニのアイスコーヒーを飲めばいいのですが、家に帰ってもおいしいアイスコーヒーを飲みたいものです。

プロがつくるようなグレードの高いアイスコーヒーはできないまでも、緊張が解きほぐされるくらいの味がするアイスコーヒーが飲めると良いと思います。実は結構おいしいアイスコーヒーが自宅でもできます。難しくはありません。

コーヒーの抽出方法の中に水出しがありますが、この考え方を使えばかなりおいしいアイスコーヒーが作成できます。準備するのはスーパーなどに夏場のコーヒーの粉が売っているコーナーに置いてあるアイスコーヒーの粉とお茶や出汁を出す時に使う不綿布の抽出袋を使います。

不綿布の袋の中にアイスコーヒーの粉を入れてその袋をもう一回抽出袋で包みます。一枚では隙間から漏れ出す事があるので二重に包んだ方が良いです。この粉入りの袋を水の入ったポットの様なものに入れて数時間から1日冷蔵庫の中に入れておくだけです。アイスコーヒーの粉を入れた袋の量にもよりますが、3から5個作って入れておくとかなり濃いアイスコーヒーが出来ます。

臭いもかなり良い匂いです。粉にもよりますがグレードの高い粉を使うとビックリするくらいおいしいアイスコーヒーが作成できます。少し濃いめになりますので、冷たいお水や氷を入れて調整すれば自分好みのコーヒーが自宅で飲めてリラックスできます。冬場に作っておいて温めて飲んでもおいしいですよ。