ドリッパーによる抽出されるコーヒーの特徴と個性

コーヒーの淹れ方は、国や地域、飲み方やスタイルによってたくさんの種類があります。初心者でもチャレンジしやすい「ペーパードリップ式」や、技術と経験から極上の一杯を紡ぐ「ネルドリップ式」、香り豊かなコーヒーが抽出できる「サイフォン式」など、挙げていけばキリがありません。

 そんなコーヒーを淹れる種類の中でも、初心者でもチャレンジがしやすくて、本格的な一杯が楽しめるペーパードリッパーをいくつか紹介したいと思います。

まずはカリタ式の台形3つ穴ドリッパーです。カリタのロングセラーとなっているこのドリッパーはスタンダードな台形のドリッパーに3つの穴が開いているものです。3つ穴のためコーヒーを抽出するスピードが速く、後味のすっきりとしたコーヒーを淹れることができます。

次はメリタ式のアロマフィルターと呼ばれているものです。一つ穴ドリッパーと言えば、メリタのアロマフィルターです。このコーヒードリッパーは、底に穴が開いているのではなく、底から少し高いところに一つ穴が開いています。ハンドドリップのコーヒーはその時々によって味が変わりやすいものです。しかし、このドリッパーは、蒸らした後に、お湯を注いで待つだけで美味しいコーヒーを淹れることができます。まさに、美味しいコーヒーは飲みたいけど、面倒くさいのは苦手というズボラさんにぴったりなんです。

3つ目はハリオ式の円錐型ドリッパーです。このドリッパーは円錐型のドリッパーで、フィルターも専用のものを使うのが特徴です。円錐型ドリッパーは、注がれたお湯が分散せずに中心に集まるので、コーヒーの香りやうまみをしっかりと抽出することができます。また、お湯を注ぐスピードで好みの味にすることができるので、いろいろな味を試してみたい方にお勧めです。

 以上、3つのドリッパーを上げましたが、まだまだたくさんのドリッパーがあります。自分の好みのドリッパーに出会えることが出来れば、うんとコーヒーの世界が広がるかもしれません。